So-net無料ブログ作成
検索選択

佐村河内守の本名は?家族は?現代のベートーベンの人物像は? [ニュース]


スポンサードリンク


現代のベートーベン佐村河内守について


ここ数日、ゴーストライター問題でこの佐村河内守と言う作曲家の様々な素性がテレビで報じられています。
そういえば佐村河内守氏はバイオハザードの音楽担当でしたな。
ちなみに「佐村河内 守」は「さむらごうち まもる」と読みます。

全ろうの作曲家として「現代のベートーヴェン」とまで言われた男が実はゴーストライターを使い作曲をさせていたとのことで各方面から非難の嵐に見舞われています。

佐村河内.jpg

その矛先は作曲家と偽っていた佐村河内守だけでなく実際に作曲を請け負っていた新垣隆さんまでにも向いています。
(まあ、タイミング良いとか悪いとか色々と。)

その発端は18年前にさかのぼり、ふとしたことから作曲を行うことになった新垣さんであるがその後も結局18年で20曲ほどの楽曲を提供しているとのこと。
しかしながら、その報酬というか対価は比較的低く20曲で700万円程度だったとしている。
しかもこれは印税の一部ということではなく佐村河内守氏からの単なる謝礼に過ぎないようだ。

これを多いと見るか少ないと見るかが人それぞれではあるが
まあ、佐村河内守氏の知名度を考えたら少ない感じもする。

ちなみに全ろうということで全く耳が聞こえない状態なのであるが実は聞こえているということもこの新垣さんが告白している。
2chでは証拠動画も発掘されている。
【そうですね】佐村河内守が耳が聞こえることとを証明する決定的な証拠が見つかるwwwwwwwwww:ふぇー速

佐村河内守というのは本名か?


まあ、こうなってくるとこの佐村河内守という名前。
自称本名ということだがどうなのか?
となってくる。

ちなみに佐村河内という名字については
とあるサイトでは全国で40人程しかいない非常に珍しい名字になる。
このレベルだと場合によっては全員一族だったりしかねない。

ちなみに芸能人のレア名字「貫地谷」さんは全国で20人位しかおらず貫地谷しほりさんがテレビで「全員親戚」と言っていたこともある。
全国で40人も相当なレア名字である。

ただ、それはそれでこの人の場合、事件が事件だけに実は単純に珍しい名字を名乗っているだけで本名ではないかもしれない。
(自称本名だが)

結果的に本名ではない感じがする(個人的な予想)

佐村河内守の家族とは?


現在は横浜に自宅を構えているようだがその家族構成は分からない。

以下の情報は昨年放送された「金スマ」からの情報であるがここへ来て「楽譜は読めない」とか「ピアノは初歩程度」という事実が露呈してきているのでどこまで本当なのかわからないし、おそらく殆どは虚像なのだと思う。

以下、金スマ情報
・仕事場は横浜のマンション
・24歳の時、2歳年上の女性と結婚
・生まれは広島
・両親は被爆者(ちょっと世代設定がおかしい感じもする)
・母親はピアノの先生
・4歳から英才教育
・小学6年生の時には交響曲を書き上げる
・絶対音感あり
バイオリン、尺八も堪能
・30代まで耳が聞こえていたので話すのは相当うまい
・高卒で上京、天才的な音楽センスでありながら音大には行っていない(笑)
という感じである。
もう天才エピソード満載である。

ピアノ.jpg

そして、先日の新垣氏の会見からするとごく初歩的なピアノ演奏しか出来ないということを考えるともう何が何やら(笑)
楽譜も実は書けないとか...
楽譜.jpg

佐村河内守という人の人物像は?


これから色々と明らかになることも多いと思いますが、その経歴についてはかなりの部分で詐称がありそう。
絶対音感があるとかピアノの演奏を一音も違わずに譜面に書けるとか、嘘です。
このまま行くと何が何だか。
そうとうな経歴詐称が暴露されそうです。
ここまでの偽りの経歴が本人の意図するものなのか売れていく過程でついていた嘘に嘘を重ねた結果なのかわからないがほとんどの証言が今となっては残念ながら信用出来ないものとなっています。

ここまできたら包み隠さず本当のことを語ってほしいものです。

また続報があったら記事を書きますね!



追記:新垣隆氏についての関連記事
新垣隆の家族は?みっくんや桐朋学園との今後は?ゴーストライターは卒業!:雑多ログ:So-netブログ






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ミロク

ホント、彼の経歴にはかなり疑問に思ってしまうことがあり、不自然なように思えます。
幼い時からの育ち方は新垣氏の話だと新垣氏本人がおっしゃってますし。
そもそも、(被爆者の両親)母がピアノ教師→英才教育=音大へ入れるほどの財産はあったハズだが音大へは行かなかった。
という所にも引っかかりますしね。何故これまで疑問に思われていなかったのかも不思議です。そういうものなんでしょうね。

なんにしろ今後どうなっていくのか見ものですね。
本人の会見が見たいですが、今後本人による会見はないような気がしますし。

この記事、なかなか面白かったです!頑張ってくださいね!
by ミロク (2014-02-08 12:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。